HERE

HERE

プレイヤー

メッセージ

2007年結成。2008年始動。

「グラム歌謡+ロック歌劇+エキゾチック・シアター」というコンセプトで、ロックと宝塚の如きシアター・ショーを融合させたバンド「HERE」として活動をスタート。

関東を中心に、ライヴハウス、大型イベントに多数出演し、セクシーかつエンターテイメント性抜群なロックバンドとして、圧倒的な存在感、色彩、演奏力、爆発力を誇る。

不定期に開催されるワンマンショウは「PHOENIX」と呼称され、ロックオペラ仕立てのコンサートとなる。オリジナルストーリーの書き下ろし、役柄を演じつつ、シーンの情景にあったHEREの楽曲をライブ同様のテンションで演奏する。現在まで7回の公演を成功。完全座席制の劇場限定公演のため、チケットは時にプレミアム化し入手困難となる。

最新作「PHOENIX第7回公演 ~歎くな、愛とは脆弱なものだ。~」(2010年6月23日初演)は、まるでエデンの園のように自然回帰の楽園と化した、未来の世界を舞台に、再び誘惑の実を手にしてしまう作曲家のストーリーを、「愛」と「音楽」をテーマに脚本化し上演。

「ゲビル」「黒色すみれ」「AFRICAEMO」「凛として時雨」等のメンバーが、ミュージシャンとしてはもちろん、「役者」として参加するという新しいアプローチに挑戦。真剣勝負の舞台は、各アーティストのファンにも大きな衝撃と感動を与えた。

チケットは、初回公演、追加公演ともに、SOLD OUT。
この貴重な舞台の映像は、2010年9月26日に、DVD作品としてリリースされた。

2011年3月、東日本大震災復興支援のプロジェクト「POWER TO JAPAN」を立ち上げる。総勢18組のアーティストを集めチャリティーソングを制作。各バンドのボーカリストがソロパートを歌い継ぎ10分を超える大作を完成させた。MJの「We Are The World」をも凌駕するROCKアンセムの誕生である。

スタッツ

今日の再生回数 0
今日の表示回数 2
総再生回数 1390
総表示回数 8963