MUSIKA-HAUS

MUSIKA-HAUS

プレイヤー

メッセージ

MUSIKA-HAUS【ムジカ-ハウゼ】は
1982年に東京下町で産声を上げたバンドです。

初代メンバー(当時の年齢)

Flute:横手拓二(22)大学生
Vo・Piano:藤本景子(19)専門学校生
Guitar・Bass・Vo・BandsMaster:上村純(19)フリーター

 Fl:拓二脱退後の新生MUSIKA-HAUS

Vo・Synth:古川純子(15)高校生
Flute:赤林英夫(19)大学生
Guitar:久保肇(19)大学生
Drums:橋本英樹(17)高校生

 6人での初めての確立したBANDSとなり、
初のMulti-RECやLIVEも行った。
当時の『ミュージッククラフト』“桂廣”プロデューサーに
オリジナル楽曲とバンドとしての腕を見初められ、
デビュー寸前まで行ったのだが、1983年10月、
或ることがきっかけにより花火で終わってしまいました。
その後36年間、三桁を数えるメンバーが入れ替わり
オリジナル製作・REC・LIVE・EVENTを行ってきました。
1983年10月1日~1985年7月31日の間をを除き
活動をSTOPしたことはありません。

2018年 現在
最後のVocal“MINORI”(20)を迎えて
音を織り続けて参ります。

Twitter

フレンド

スタッツ

今日の再生回数 0
今日の表示回数 4
総再生回数 956
総表示回数 4870