Jun18
キャメルで「さんタク」!?
2017年6月18日 Virginia Camel Atsushi.S
Virginia Camelのボーカル、Atsushi.Sです。



今回は…10年経ちましたので記念して…



休みました!!!!



普通はイベントだろ!!!

ですが、



ウチは違う!!休みです!!!



前から企画はしていたんだけどね。

でもただ休むだけではつまらんな、と。

なんか、四人でカフェに行ってもな~、っと思ってて。

そこで考えたのが今収録中のアルバムに対し、今一度自分以外のメンバーが何を考えてて、そして何が根底にあり、サウンドを作ってるのか知ろうということで、各自5曲、自分の最高のベストを入れて、CDーRで持ってきてミーティングしながらドライブに行こうぜ!ってことで決行!

でも絶対あぶれるナンバーがあるんだよね、5曲って。


でもそれだけじゃなんか弱いなと。



うーん。



そうだ!バンジーだ!(本当に唐突にひらめいたんす)



そして昨日11:30。



Shoya.N⇒Koji.Y⇒Mackeyと合流。



いざ、バンジーへ!!!!



安価のバンジーを探し出し、いざ南知多グリーンバレーへ!!!



みよし市から豊根まで2時間くらい。着きました!



まず、思ったより高い!!そしてメンバーの口数がインター降りてから少なくなるスピードの速さ!!



そして現地で簡単な健康状況チェック!



ここでMackeyは動揺し、全部の項目にYES!!!とつける!

妊娠中にも!!でも気持ちはわかる!俺も実は手が震えてる!



そしてみんな器具を装着!!



落ち着いているのかいないのか(笑)



締め付けすごいよ、コレ。



そして階段を上り、いざ飛び降り台へ。



でも、あれね、登ってる最中がね、すっげー怖いよ。



テンションが試されてる感じがした。



でね、順番はやっぱし俺!⇒Koji⇒Shoya(先に飛びたかったみたい)⇒Mackeyで決行!



係員の方から「カウントダウン後に飛んでください。5分以内に飛ばなければ棄権とします。頭か足からで選んでください」と。



…やっぱ頭でしょ!!



あと大事なことを確認。「叫んでいいですか?」と。



そしたら係員の方から「大丈夫です。カウント後にどうぞ」ときたので、

結成10周年、おめでとう!!!で行くことで決行!!



あれね、いざ、高台の下見るとすごい景色だよ。自分でやらなくちゃいけない恐怖はあるね。ジャンプしちゃいけなくて倒れこむようにいかなくちゃいけない怖さもあるし。



つーわけで、いざ、ジャンピング!!



地面が近づくのが速い!!速い!!!!



戻されるのも速い!速い!!!



二回分はバンジーした気分になれる!!



つーわけでみんな、バンジーを決行。体が震えるけど、最高の気分になるよ、めっちゃハイになる。



そしてあとはメンバーで軽くアスレチックを体験し、内海でアー写開始!


海は本当にいいところだね。



俺は大好きだよ、海。



誰もいない海でキャメルだけがアー写撮って、各自物思いにふけ、

そしてミーティングして。



そしてみんなで海鮮を食べ、帰路につきました。



普段、俺らはあんまし遊ばないんだ、実は。



でも仲は最高。結局、自分たちがどのように距離感を持つのがベストなのかわかってるから。



だから続いた10年。



そして進化し続けた10年。



時間が足りないと本当に思う瞬間だった。



またこんな旅ができたらいいな。





つーわけで、キャメルで「さんタク」やってみました!



最高だよ!!!!!!マジで!!!
コメントを投稿するにはAudioleafへログインしてください。